タグ:香港で語学 ( 3 ) タグの人気記事

日本語で.../尽きぬ思い

e0134379_19213968.jpg
今日は、ムシムシ湿度が高かったです(天気予報は、湿度82度)。
普段は、会社で空調の聞いた部屋にいるせいか
少し歩くと体にまとわりつくような空気にまいりそうでした。

e0134379_19223532.jpgところで、昨日から新インフルエンザの影響で休校になった子どもたち。

先日は、前から見たかった”ガリレオ” 容疑者Xの献身のDVD鑑賞をしたそう。
ずっと、うちの子供たちには、難しいのでは?と思っていたのですが
面白かったそうで、内容もひととおりは分かっているよう(笑)
日本語で見たそうです。

香港育ちで、日常日本語会話は問題ないにしても
なんせ、わたしがいない間の日常は
ほとんど広東語でしている子どもたち。


映画やドラマの言葉の節々に出てくる日本語は
難しかったりするんですが、
内容と照らし合わせながら、分からない単語の意味をつかんでいるようです。
(本当に分かっているかは、疑問ですが...)

去年くらいから、
日本にいるおじいちゃん、おばあちゃん、お友達に
メールをするために
何も教えていないのに日本語でメールを打ち出した子どもたち。
やる気さえあればこんなことも
出来るもんだな~と感心しました。

まだまだ、日本語でメールをするというのは難しいようですが
どうしても、香港での勉強、宿題に追われ
日本語の勉強まで手が回らないのですが
このまま日本語の読み書きから、離れないでいてほしいと思います。
(読みは、マンガ本が大きな!!)

そうそう、

この間、娘のりんから日本語でメールをもらいました。

朝ごはんの時間に りんが何をしたのか忘れたのですが
わたしが叱ったんです。
すると、大反抗し、ものすごく汚い言葉を吐いて
学校に行ったんですね。

その日は、お互いとても気分の悪い気持ちでスタートしました。

夕方、会社で仕事を終えて
ふと、プライベートのメールをチェックしたら
こんなのがはいってました。

e0134379_20334253.jpg

ママへ

”ごめんなさいゆるしていい?”

     りんより


”許してくれる?”
と聞いてくれたんでしょうね。

最初から、もちろん許してますが、
こうやって、表現してくれると

憎さあまって、かわいさ100倍。

しかも、日本語。
がんばって書いたのが見えて
母は、ウルウルの感動でした...

日本語でやりとりできるって、
やっぱり うれしい。
------------------------------
e0134379_19233982.jpg

今日は、午後から近所のショッピングモールにて
りんにずっと前からねだられていたおもちゃを買いに行きました。

そのついでにといってはなんですが
前からずっと気になっている
一眼レフカメラをまた、覗きに行ってましたが
いろいろお店を見回っているうちに 香港人のPさんと遭遇。

彼は、人に頼まれて 一眼レフカメラを物色、下調べ中ということで
買うにあたって、また、用途やしたいことによって云々
たくさんのアドバイスを受けることが出来ました。

お店を回っているうちに、狙っているあのカメラが
2週間前より値段がHK$400下がってる!!!

もう少ししたら、また、下がる...
なんて淡い希望も湧いてきて
買うまでの このいろいろ悩むのも楽しいものですね。

この後、

子どもたちとPさんと一緒にお茶をしたんですが、
彼のカメラへの、写真へのウンチク話が楽しかった~。

彼の言った言葉で印象に残った言葉。

”写真はね、技術、センス 云々もあるだろうけどね
 君がどうやって その被写体を見ているかというのも 
 ものすごく大きな要素なんだよ。”


人と接することがとても多い仕事をしている彼の
人を鋭く見抜くセンスのある彼の
そして、つい最近 奥さんを亡くした彼の
とても説得力のある言葉だった。

”その一瞬をとらえておきたいんだ”

この言葉も胸をつきました。

聞けば聞くほど、
一眼レフカメラへの思いは、募るばかりで
彼にもいろいろ 無理なお願いをしたりして
はあ~、まだ この思いは消えておりません。

では、

人気ブログランキングへ
[PR]
by joycemama127 | 2009-06-13 22:10 | バイリンガル、トリリンガル教育

新たなる挑戦!!!

e0134379_21585948.jpg












(朝の通勤路にて。最近は、ずっと曇り空。)

電話越しに聞く、母の声は元気で安心した。
ひととおり、手術の行程を説明してくれた後、

腸を手術したものだから、この手の話はくるだろうな!
と思っていたら、案の定 
うれしそうに語るわ、止まらないわ ”浣○””ウ○○” の話。
ま、ホント 元気そうでよかったです…。
-------------------------------------------------------------------
香港で育つ子どもたちを見ていて
うらやましく思えることは”言葉”。

もちろん大変なこともたくさんあるけど
今の大変は、将来 豊かな実を結ぶんだろうな~。
と、思います。

今の第一言語は広東語で
日本語も上手に話せる子どもたち。
(トピックが広がると怪しいところもでてきますが、そこは愛嬌(笑))

学校で、普通語(中国語)、英語は毎日触れられ
ネイティブの先生なんかも常勤してる。

テストの結果は、別として
子どもたちの言葉に対する柔軟性、吸収を見ていると
小さい頃から、多言語の中で育っている彼らがうらやましかったりして...

わたしは、ここ香港に来てからというもの、
別に語学に長けてたわけでもなく
英語がほんの少しばかりしゃべれただけだった。

そんな英語でも、ここ香港では、英語ができたら困らないでしょ....と思ってた。
(とはいえ、英語が上手かったわけじゃないです。)

数年後、子ども達が成長するにつれて
公園に行きたくさんの香港人ママとも友達になり、
たくさんの親戚や家族とも過ごす時間が増えてきて

英語じゃ物足りない、深い話は、広東語のほうが盛り上がるようだ!
と思い始めたのと同時に

子どもたち出会う、公園の小さなお友達は
広東語をしゃべる子も多かったし

生活が香港に根付き始めると
広東語が話せたら便利だなと本気で思い始めました。

で、少しずつ生活の中での独学。体学。
少しは、話せるようになりました。

次の転機は、主婦生活10年後の香港来てからの初めての就職。
職場には、数人日本人、または、日本語ができる香港人の子がいたけれど
たくさんの香港人が働いているわが社で、
ローカルスタッフとのやり取りも多かったわたしは広東語が必須になってしまい
これまた、仕事しながら言葉も学ばせていただきました。という感じです。
(決して上手くはありません。)

そして、ここに来て
最近は、中国華南のほうに出張に行くことも珍しくなってしまったんです。
最初は、必ず香港人の子とともに行動をしてもらっていたけれど...
(普通語がしゃべれないことと、中国は正直言うと、少し怖いわたし...)

ああああ~

広東語が通じない。。。

普通語なんて、
わたしの生活圏、仕事でも使わない...
そのつもりで生きてきましたが
ここに来て、不便を感じてます。

広東語も
英語も
日本語も
通じないんです。

広東省とはいえ、地方から来ている人のが多いので
普通語が話せないとホント不便。
特に移動のときは通じないときのほうが多い。
(言葉以外にも大陸は、不便なことが多いですけどね。)

はあ~

これからも人がどれだけ言おうとも
わたしは、普通語 要らないや。
と思っていたけれど、

”イッチョ、やってみましょうか!!!”

という気持ちになってきました。

新たなる挑戦!!!
普通語。

まずは、めざせ片言。

はあ~、
あさっても中国だ。

初めてのひとり出張。

わたし、頑張れ!

新たなる挑戦!

では…。


人気ブログランキングへ
↑よかったら、ポチッと押して応援してくださいね!
[PR]
by joycemama127 | 2009-04-07 23:46 | バイリンガル、トリリンガル教育

We are ready! / 語学

e0134379_15543976.jpg
近場の風景...

昨日は、だんなはいつものごとく大陸でした。
で、待っている子供の元へ急ぎ足で家に帰ると
何やら、エレベーターを降りたと同時にウチの方から大きな声が...

うちの子が歌っているようです。

ピンポーンと鳴らすと”おかえり~”と元気に挨拶をしてくれましたが
そのまま、また 歌い始め

りんは、PCの前を陣取って...
ゆうは、ソフトサッカーボールを家の中で蹴りながら...
時々、踊りも入りながら(笑)

e0134379_1602359.jpg


”ママ~、これ学校で教えてもらった歌♪
 
 WE ARE READY~~~♪

《We Are Ready》北京奧運倒計時一周年 (北京天安門廣場)
(壮大な?光景が見れますよ。↑上をクリックされると YOU TUBEにとびます。)

いや~。
たくさんの中華圏のスターが一緒に歌ってて
ノリやすい歌です。
天安門の前で歌っているのも、ゴージャスです。

北京オリンピックが始まるまでは、
頻繁に聞くことになる歌のようです。
(わたしは、あまりTVを見ないのでこういったことはオンチです。)

わたしもつられて何度か聴いているうちに
メロディと”We are ready"のパートだけはしっかり覚えてしまいました。

実は、子供が小学生になるまでは
日本語が第一言語だった我が家ですが、

小学校に行きだすと兄弟間の会話は、広東語に変わってしまいました。
今では、日本語は無理なく話せるほうですが、
広東語が第一言語に取って代わっています。

そして、幼稚園から学校で必須科目になっている
中国語(北京語)も英語も勉強としては、
あまり得意なほうでない2人ですが...
好きなもの 歌や映画、TVでは その効力が現れているようです。

立派に北京語の歌 歌ってましたもん。
ただの親ばかかもしれませんが、母から聞くと立派なもんです(羨)。

最近は、以前なら見ようとしなかった北京語のTVも
だんなと子供達と3人で見ています。
(母は、広東語も北京語の番組も興味なしなんだよね..。)

*********************************** 

香港では、英語のチャンネルも広東語のチャンネルも民放でありますし
有料であれば有線もあるしNOW.TVもあるし
基本的には、いろいろな国の言葉の番組があります。

学校でもネイティブの教師をいつも在籍させ(英語、北京語)
普段から、多彩に広東語以外の言葉に触れ合うだけでなく
喋るようにアクティビティが行われて(公立の学校です。)
机に向かう授業以外は、とても楽しそうです。

会社の香港人を見ていても
言葉に上手い下手があったとしても
北京語や英語は”聴いて分かる、発音が悪いとしても立派に喋れるレベル”です。

子供達を見ていて
香港人の言葉の器用さの理由を垣間見ています。

確かに環境の与えるものは 大きいですね。

わたしは、大阪生まれの大阪育ち。
学生の時は、英語の勉強なんて大嫌い。
成績は、嫌いでしたから いいものじゃありませんでした。

”日本にいてるうちは、英語なんて話さないんだから
別に出来なくてもいいのよ。”と言っては怠慢な態度をしていましたから...

でも、ホント
いつどう方向が変わるなんて 人間分からないものですね。

今は、英語どころか...
広東語圏にまで足が伸び

毎日、言葉に放蕩されることもありますけど
そんな生活も楽しいもんです(としておこう。)

”今からでも遅くない!”そう言い聞かせて
毎日、言葉の面でも奮闘しております。



やっぱり言葉に関して言うのなら
香港の子供達は、恵まれているな~と思います。
(詰め込み式の勉強のことは、多少異議がありますが...)


では、

よい週末をお迎えください。

人気ブログランキング 参加しています

*長い文章 読んでくれてありがとうございました。

 
[PR]
by joycemama127 | 2008-03-08 17:15 | バイリンガル、トリリンガル教育