カテゴリ:香港で子育て( 2 )

打ちどころが…/いい母になりたい…

e0134379_22412353.jpg
青い空が広がる天気のよい日でした!

オフィスが冷えていることや
最近はオフィスワークで忙しくしててPCに向かっている時間がほとんど…
そのおかげで あまりにも肩こりがひどいので
昼休みに軽い運動がてら 近くをぶらぶらしに行きってきました。

少しの時間とはいえ、体が少しほぐれたような気がしたし
外の空気を吸って、気分を変えるのが
こんなに気持ちがよかったなんて…
昼休みも外出がない時は、オフィスで過ごすことが多いわたしなのですが
昼の散歩…クセになるかも(笑)


e0134379_0584824.jpg


ところで、先日のことなのですが
あまりに喧嘩の多い子供たちにキレて、
テーブルを軽くバンッとたたくつもりが、
打ち所が悪かったようで、
左の手のひらと親指の辺りに青あざができてしまいました。

テーブルをたたいた時には何も痛みは感じなかったのだけど

仕事で、また、こうやってキーボードをたたく時に
時折、痛みがやってくる。

それに、感情的に怒ったあとは、
自己嫌悪に陥りがちになるんですよねぇ。

もっと、いい母(おかん)になりたいのになぁ。”

と、思いながらも
こういうことの連続かもしれない。

どうして?

何で協力してくれないの?
何でやっておかないの?
何でケンカばかりするの?

自分が忙しいからって、疲れているからって
事がうまく運ばなとイライラしちゃう

e0134379_103789.jpg

子どもにも、子どものいい分がある。
と、分かってるんですけどね。

”親の思う とおりには、願うようには
 子供は育たないよ。”

人生の先輩方から
よく耳にする言葉…

ハイ、納得です。

でもね、
うちの子どもたちは
パパが香港にいないことや
母が帰りが仕事でそんなに早く帰って来れない
ことも(特に最近は)多いので

当たり前のことかもしれないけど
自分のことは自分でするし、
母が疲れていると お手伝いもしてくれるし

お手伝いをしてくれなくても、優しいんですよね(涙)。

前にも書いたことがあったけど
わやしは、感情的に怒るのは、嫌いです。

”怒ってはいけません”と 

この間 ブログ記事にも書いたけど
自分のためにも、周りのためにも

もう少し、自分の感情をコントロール出来たらな~と強~~く思っているのですがね
言うが易し…するは…です。

ま、

このキーボードを打つときの痛みが
それらことを思い出させるわけなんです。

はい。

プチ反抗期の
多感な年頃である10代に突入してきた
我が家の子供たちですが

こんな親ではありながら
いろ~~~んなことはありますが、
とてもいい子に育っています。
(親バカ..)
e0134379_21222537.jpg


さ、気をとりなおして
明日からも”母業”やらせていただきましょう~♪

暗い気持ちとは、おさらばじゃ!

では…
~*~*~*~*~*~*~*~*

人気ブログランキングへ

↑ ポチッと押して応援していただけたらうれしいです!
  いつもありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑ こちらも応援していただけたら励みになります。
  ありがとうございます
[PR]
by joycemama127 | 2010-05-27 01:34 | 香港で子育て

”あなたの口から出る、その言葉を守りなさい”

e0134379_23372439.jpg
(空き地に捨てられていた、木製のいす)

台風が意外にあっさりと過ぎ去って
昨日の香港は通常通り…

もしかしたら、仕事が休みになるかも?
なんて淡い夢もあっさりと裏切られ(笑)
昨日も今日も相変わらず、働いています。

雨は…

今も降り続き
湿度が異様に高い香港。

このまとわりつく暑さがたまりません(苦笑)

~*~*~*~*~*~*~*~*
ところで、先日、お昼の時間に
会社の人たちと出前ではなく

外に出てご飯を食べていたんですが
その移動中

お母さんが子供に罵倒を浴びせていました。

そんなの香港でも日本でも
世界でも
実は、どこででも見られる光景なのかもしれませんが
わたしは、少しの間心が痛みました。

”何回、言ったら分るんだ!このアホんだら!
 そこまでアホなら、ご飯も何も食べんでいいわ~。
 
 いつもムカつかせることばかりして。
 お前には、このままじゃ~将来なんてないわ~!!!”

というような事をものすごい形相で
怒りをぶつけるごとく

まだ、小学生ぐらいの男の子に浴びさせていて
その息子と思われる男の子は
萎縮してしまってました。

様子から見て
よく怒られているんだろうな...というのが伝わってきました。

わたしも親ですから
子供にたちして、怒ることも叱ることもしますし
まして、間違うこともたくさんあります。
事情も知らない人間が
人のことをどうこう言う者でないことも知ってますが

”口から出てくることば”って
とても大事なんだよ。
と、言いたくなりました。

例えば、失敗した子に
”本当にお前ってバカだな...。何にも出来やしない!”
と言うよりも
子供も自分の失敗くらいは分ってるでしょう。
何度も言われたくないと思います。
大人でもそう。

”頑張れ!””今度は、きっとよ良くなるよ!”"出来るよ!”
と励ましたほうが
その子にとってなんと心強いでしょう!

もちろん、注意しないといけないとき
叱責が必要なとき、厳しい罰が必要なときも時にはもあるでしょうが

怒りの感情を吐き出すのではなく
悪いことをしたのなら
何が悪かったのか、なぜいけないのか
そのことを明確に伝え、
人格を否定するようなことは
親であってもしてはいけないと思うのです。

会社でも
実は、否定ばかりし
常に監視、やいやい言われて働く上司の部下よりも

注意、叱責があるとしても
その中で、励ましを受け
のびのびと仕事をやらせてもらえる環境の部下は
その成績も、成長も、また気分も違うように見えます。

”ことば”

人を殺し、生かすもの
同じ口から出るものであれば

人を生かすことの出来る口(ことば)なら、
なんと素晴らしいでしょうか!

もちろん口先だけでなく
そこに、愛情も行動も必要でしょう...

”あなたの口を守りなさい”
”あなたの口から出る、その言葉を守りなさい”
世の中の賢人のいくつもの書物にも
そういったことが書かれていますね。

あのすごい形相をした
お母さんに罵声を浴びさせられ
萎縮した男の子を見て...

同じ親として
いろいろ考えさせられました。
わたしも時には、
同じことをしているときがあるのかもしれませんから...

そういえば、
昔読んだ本で子供を伸ばす 魔法の言葉と言うのがありましたね。

読んだ方も多いと思うのですが
そのことばに関して
子育てに関して書かれています。
お薦めです!

e0134379_2336232.jpg

今週も雨が続くようです。

少しばかり忙しい週ですが
後半も頑張ります。

では...

人気ブログランキングへ
↑いつもありがとうございます。
よかったら、ポチッと押してくださいね

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑ポチッとありがとうございます。
 いつも励みになっています



*今日は、かたい内容になってしまいました。
 心が痛む事件や
 身近に互いを傷付けあう人たちをよく見ます。
 
 もしかしたら、自分も知らないうちに
 そうしているかもしれません。
 
 "Heal the world"
 マイケルのあの曲がグルグルまわる
 なんとなくセンチな今朝でした...
 (というよりか..暗ッ。雨のせいかな?)

 では...
[PR]
by joycemama127 | 2009-08-06 09:24 | 香港で子育て