香港の女性が世界一長生きに...

あっという間に休みが終わりました。
何をしたというわけではないのですが、

だんなと歩き回り、食べ歩き...
しゃべって、だべって終わった...マッタリとしたし休みでした。

いつもの週末は、決まってお義母さんとご飯を食べるのですが
最近、お義母さんは、80歳を超えている高齢の域に入っているにもかかわらず
”今日は、デート...”だの
”お友達から誘いがあってね...”だので
時々、わたしたちとの週末のご飯をドタキャンするんです。

ま、元気にやってくれているし
わたしたちもたまには、親子4人の水入らずもいいかなと思っていますが
香港のお年よりは、お義母さんを通しても、街中のおばあさんを見ていても
元気な人が多いというのがわたしの印象でした。

ところで、数日前になりますが
香港が『長寿の都』に、女性の平均寿命世界一」という記事で人民日報が報じていました。

以下、記事...

先日公開された統計によると、
香港の女性平均寿命が86.7歳で世界一となった。
従来世界一だった日本は2010年の86.3歳から
2011年には85.9歳に減少、2位となった。

専門家は香港の医療保険制度の整備が
平均寿命の延びにつながったと分析している。

長寿はめでたいことだが、
長生きしたからといって必ずしも幸福だとは限らないと記事は指摘する。

香港の老人の3分の1は貧困状態にあり、
年金では生計が成り立たない状態にある。

また、老人人口の増加に伴い、医療保険の支出も増え続けている。
拡大が続く格差も今後の高齢化問題に影を落としている。

単に平均寿命という数字に注目するのではなく、
いかに幸せに生きるかという長寿の質について考えること。
これが「長寿の都」香港が次に考えるべき課題となろう。



香港のテレビでも時々、この手の特集が組まれていて
香港社会の貧富の差も大きく取り上げられることもありますが

その貧困の中のご老人達の生きてきた歴史の過程...
いや、最後にあたるだろう部分にスポットがあてられていました。

充分な富を持ちながら、
一瞬にして何もかも失い、この競争社会の香港の中でチャンスさえも与えられず
孤独と貧しさの中で余生を送る老人達のその余生。

家族にも捨てられた老人がこの香港には、たくさん存在する。
身分証明書さえもない、老人もいるようです。

もし、多くの中国大陸の移民が増えるなら
この問題は、更に複雑化することは
避けられないと思います。

で、

確かに、長生きできるようになっても
いかに幸せに生きるかという長寿の質について考えるというのは
香港だけでないはず。

日本も長寿のお国のひとつ。

「長寿の都」香港が次に考えるべき課題となろうとしているけど(新聞より...)

ひとりひとりが考えさせられることなんじゃないかな!?と
思わずにはいられない記事でした。

う~~ん、いろいろ、考えます。

~*~*~*~*~*~*~*~*~

では...


 人気ブログランキングへ

 ↑ よかったら応援してくださいね~♪  
   励みになります040.gif040.gif040.gif

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 ↑ こちらも応援していただけたらうれしいです。
   ありがとうございます070.gif071.gif070.gif
[PR]
by joycemama127 | 2012-08-06 02:08 | 香港の人々
<< 台風の中の上海出張/壁を破る... 香港への中国国民教育... >>