金魚とロイヤルファミリーと裸族

e0134379_23174024.jpg

今日、仕事から帰ってきたら
りんが飼っている金魚ちゃんのうちの一匹がおかしいと報告をしてくれました。

よく見ると背中部分から尾にかけての
ちょうどつなぎ目の場所と言うんでしょうか
そこのお肉が裂けていたんです...

怪我なのか、細菌性のものなのかよく分からないけれど
応急処置にて別のところへこの子だけ、移すことに...

去年のお祭りの金魚すくいで
うちに来た、2匹のうちの白色金魚ちゃん。

最初は、この白色金魚ちゃんのほうが体もかなり大きかったのに
数ヶ月を過ぎる頃から、赤色金魚ちゃんのほうが大きくなって

今では、赤色金魚ちゃんの体のほうが倍になったように大きくなり
時々、いじめられている時もあったんですよね。

そういえば、ここ数日 外見に異常は見られなかったけど
水槽の下の方であまり動かずにじっとしてた...

もう半年以上うちにいて

小さい生き物だけど、
そんなこんなの彼らの生活を毎日見てたもんだから、
やっぱり愛着が湧いていた。
 
あ~、元気になってくれ~。
頑張れ~!

いつも元気な子が 元気がないと
胸が痛むモンです...
------------------------------------
ところで、ウチのだんな
なんだかんだ言っても、やっぱりイギリスの植民地時代の影響を受けてるようで
時々、こんな風に子どもたちにいうことがある

子どもたちを叱るとき

ロイヤル ファミリーを見てみなさい!
 小さなときからテーブルマナーをわきまえてるでしょ!”

ロイヤル ファミリーを見てみなさい!
 そんな口のきき方はしないです!”

"ロイヤル ファミリーを見てみなさい。
 礼儀正しく いきましょう!!!”

と。

そして、子どもたちに言っても 言っても
子どもたちが聞かないとき、出来ないとき
(こういうときは全然、聞く耳がないとき。)

”ウチは、ロイヤル ファミリーじゃないね...
 野生児がウチにはいるよ...”

とわたしにぼやく。

そんなの当たり前ヤン!

野生児結構!元気が一番!

真面目くさっているよりか、いいんじゃない。

親を見なさい!親を!!!

と、突っ込みたくもなるが


ま、学校から かなり手帳に先生からいろいろ書かれて
帰って来ては、親に連絡が入ってくるゆうに

家では、香港の女らしく?
権力?使いまくりのお姫様病のりん!

だんなは、一応 常識のある人で
それだけ子どものこと真剣に考えてくれてるんだな~
と思うのだけど

やっぱり 自分も見てみなさい!

と思うこともよくあるわけで...
e0134379_2321665.jpg
今日も仕事を終え家に着き
ピーンポーン♪とベルを鳴らして
ドアを開けると...


おい おい おい!

ここは、どこですか?

裸族の住処(すみか)ですか?

と聞きたくなるような状況が
そこにはありました。

クーラーをつけたばかりという事で
まだ、部屋が冷えてない。

暑かったというのが 理由。

大事なところは隠してはいるものの
お肌の露出度はかなりなもの。

でもね、この3人にとってはいつものこと。

そう、子どもたちがもう少し大きくなれば
こんな状況はなくなると思うけど...

うちは、私以外 裸族です。


ねえ、だんな

”ロイヤルファミリーを見てみなさい”
と言いたくなるのも分かりますがね

やっぱり、無理がありません?

うちは、ロイヤル ファミリーというか
裸族に限りなく近くってよ!

野生児だわよ。

こんな、子どもたちに
親たちから... 
ロイヤルファミリーを持ち出すのは...
やっぱり、いかがなモンでしょう?

ま、今度 ゆっくりと会議しましょう~ね(笑)


これも、あれも
我が家の実態...

今日は、わたしの独り言。

では、

人気ブログランキングへ
[PR]
by joycemama127 | 2009-06-04 01:16 | 香港の家族
<< 天安門事件6.4 から20年 香港の女性... >>