働くということ/新しい何かへ

e0134379_131340.jpg









(湿地公園にて...)

今日は、久しぶりに早く仕事が終わって
家に帰ることができました。
今日は、ずっと見ようと思いながら見過ごしている
“マンマ・ミーア!(Mamma Mia!)”のDVDを見ようと思っていましたが
最近、習慣になりつつある食後の夜寝をまたもやしてしまい
延期になりました(笑)
 ソファーの上で寝ながら、だんなと子どもたちが言うには
わたしは、子供の名前を呼びながら呻いていたそうです。
はは~、熟睡してると思っていたんですがね。
うなされてた???
------------------------------------------------------
さて、昨日の続き...

こどもがかわいくて、かわいくて“大きくなるまでは、
子供の世話をさせてください。“とだんなに言っていたわたし。
家事や料理もけっこう好きで、
こだわってやってたほうだったとも思う。

そんな、ある時期にだんなが会社を左遷させられた。
わたしもショックだったけど、だんなにとっては それ以上にとてもつらい時期だったんですよね。
彼には、フリーランスでやっているほかの仕事もあったし、
わたしは、”すぐに次の仕事も来るだろう。”そんな気持ちで呑気にかまえてました。

長い間、充分に持つことのできなかった“こどもとパパの時間”。というのも
この時に始めて持つことができたように思います。
わたしは、いろいろな心配事がくるよりも
かえってこんな時間が与えられてよかったな~なんていう気持ちでいっぱいでした064.gif
 
しかし、

穏やかに過ごせた時期も経済的な問題が浮上してくれば
そうはいかず、だんなは フリーランスの仕事をしながらもいらだつ時期を過ごしていました。
 
で、わたしもいつかは、働きたいと思いながらも
なかなか重い腰を上げることができなかったんですね。
また、幸せだった主婦時代を握りしめながら、
何かしなきゃという思いがありながらも、
不平不満ばかりを言う自分...
一歩を踏み出すことができなかった自分に、とうとう“渇”入れました。

”やってやろう。”

あの頃、働くということは自分のしたい仕事をするというよりも
生活の糧を得なきゃという思いのほうが強かったんです。

働き始めた頃のグチや落ち込み、思いは、
以前のブログでいろいろ書いていると思います。
はは、ホント、大変だったんですよ(笑)

あれから...

今の会社からは、本当にたくさんのものを学ばせてもらってるなと思います。
以前にも書いたことがありますが

この会社の採用のポイントになったのは、書くかどうか悩んで履歴書に書いた
“バレーボール暦:6年”というもの。
何やら、これなら根性があるという理由だったらしいですが...(笑)

以前の記事へは、ここ。

“辞めさせてください“と言いにいったり
会社に迷惑をかけたこともたくさんあったし...。

なによりも10年間も主婦をしてて、
仕事というものに対しブランクが長かったわたしを拾ってくれて
しかも、前の業種とは大違い。

また、社会復帰したわたしを根気よく、
温かい目で(?)見てくれてた(ここは今も、現在進行形だけど)
今は、香港にいない上司に
周りの香港の同僚にも感謝ですね。

ホント、こんなわたしをよくも続けてつかってくれてたな~と思います。
e0134379_129399.jpg









仕事は、アパレル系会社のマーチェンダイザーということに
今年からはなってます。

仕事は大変だけど、大変というよりかは
毎日、新しいことばかりで
新しい世界を見れて
新しい知識が必要で...
毎日が勉強の連続で

なんだか、

今のわたしには、世の中のいわゆる成功のために働くとか
お金のために働くとか(もちろん、必要ですけどね)

それよりも、もっと何か大事なもののために動き出した
上手くいえないけれど、そんな感じがしています。

働くきっかけになったのは、
だんなにとっても、家族にとっても、
わたしにとっても...
実は、つらいことがきっかけでしたが
少なくともわたしにとっては、
働くということは、今のわたしというものを動かしているひとつの要素です。

何年か先には、また 違うこと言ってるかもしれないけど
先の見えない、新しい何かを見つけてきます。


人気ブログランキングへ
ポチッと押して応援してくださるとうれしいです056.gif


なんだか、自分の思っていることをまとめるように
ここにだらだらと書いてしまいました。

読んでくださってありがとう。

では...
[PR]
by joycemama127 | 2009-04-24 01:42 | 香港で働く
<< うちの常備薬 働くということ... >>