便利さと引き換えに失ったもの

e0134379_126953.jpg

雨の続く香港です。
本格的に雨季に入ったようですね。
------------------------------------------------------------
去年の夏に、現在住んでいる
以前よりかは、便利と言われる場所に引越しをしてきました。

以前の家は、どこに行くにも少し歩かないと
バス停がなかったり、
買い物も不便でしたが、

今の家は、どこに行くバスも通っているし、
駅もあるし、
買い物もすべてマンション内でまかなえる
レストランもファーストフードの飲食系のお店もひととおりあり、
こどもの学校からは、徒歩2分と会社へも徒歩10分の
とても便利な地域に越してきました。

が...

それと引き換えに失ったもの

”静寂”

いや、香港には、こういう場所の方が少なく
貴重なのかもしれないですけど...
以前の家は、鳥の鳴き声。
裏は山、窓からは 河景色に癒される家だったんですよね。

で、

うちの騒音度、急上昇。

1)友達から電話がかかってきたとき...
 ”今、どこ?”と毎回聞かれる。
 ”家よ~”と言うと バスの音がすごすぎて バス停か外を歩いている途中と思われる。

2)外の騒音が大きいため、テレビのボリュームも大きくなった。
  特にだんなは、ボリュームをあげて聞くのが好き。
  わたしは、下げて聞くのが心地よい。ゆずり合いのこころがないとケンカ。
  
3)テレビの音が大きくなる=会話の声も大きくなる。
  家の中でも飲茶状態。

4)時々、夜中に大声で叫ぶ人の声がする。
  お店が多いので特にイベント時には、酔っ払いや遅くまで出歩いている人の声が聞こえる。


対処方法

1)道路側の窓は閉める。
  これで、かなり違ってきます。

2)車の騒音を海のさざなみと想像する。

3)慣れ。

特に慣れってすごいです。

確かに、道路側の窓を閉めるとかなり騒音が防げるので
快適度は、UPするのですが
慣れるまでは、苦痛以外の何者でもなかったんですよね~。

今は、本当に便利でここから引越す気はないのですが
いつかは、同じマンション内で少し静かな場所に引っ越したいと思っています。

私の場合、”便利さと引き換えに失ったもの”は、
”静けさ/静寂”が一番だったのですが

見渡せば、今の世の中も
かなりそういったものが多いですね。
-----------------------------------------------------------
(余談)
今朝、起きたらもう10時。
最近、寝る時間も起きる時間も不規則です。

金曜日:仕事から帰ってき、家に帰ってご飯と食べると
(食後、おそらく9時ごろ) ソファに座ったのもつかの間、意識が遠のき昏睡状態に入ったらしいわたし。
誰から声をかけられても押されても...びくともしなかったそうです。
気がついて起きたときは、夜中の2時ごろでした。

朝なのか、夜なのか自分は、何をしてるのだか
一瞬わけがさっぱり分からず、状況を把握するまでに数分の時間。
その後、シャワーをして、少しの間目が冴えてなかなか寝付けず。

*土曜日:ゆうは朝からサッカーの練習。
帰宅後は、前から約束していたお友達宅へ子どもたちも一緒に訪問。
新界のうちからは遠い、香港島の東の果てまで行ってきました。
集まった仲間と食べて、飲んで
大人は、延々語り合い。
こどもたちは、ゲームをして楽しんでました。

いや~。
香港在住、国際結婚のお友達と駐在のお友達と長い長い時間語り合い。
帰宅したのは、日付けも変わっていた時間帯でした。
今日も眠い...
e0134379_1236848.jpg










(昨日の深夜、私の携帯で自分を撮っていたゆう)
--------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ
ポチッと押して応援してくださると励みになります。
ありがとう056.gif
 
[PR]
by joycemama127 | 2009-04-19 13:28 | 香港での暮らし、生活
<< 働くということ... 2人のお願い >>